2007年03月13日

018:酸(本田あや)

デオキシリボ核酸で解明されるだろうか 君を欲しい理由は
posted by あや at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月12日

017:玉ねぎ(本田あや)

玉ねぎの浮かぶ千鳥ヶ淵を行く 100年先も桜はひかる

四文字お題が苦手です。

焼肉とバーベキューで玉ねぎを食べたことがない。
生焼けか炭化しているものにしか遭遇したことがない、とも言い換えられる。
ところがこのたび、完璧に玉ねぎを焼き上げる技量の持ち主と出逢ってしまった。半透明に甘く熱せられた玉ねぎ。嗚呼。
危うくプロポーズすることろでしたよ。
posted by あや at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男はソレを我慢できない



そういえばこんなカテゴリも作ってたのだと思い出し。

シモキタにしのび寄る天狗の野望?
この街を救えるのはDJタイガー、おまえだけだ!
トップクリエイター・信藤三雄、待望の長編初監督作!
豪華キャスト&ミュージシャンが集結!エロくておバカなシモキタ痛快人情喜劇!
     -amazon商品説明より

下北沢を舞台にした現代版寅さん。これでもかというくらい豪華なキャスト、凝った構成、そこここに挟まれる小ネタ。
…作った人楽しかっただろうな…
映研ノリでわーわー作った感じの映画。映画館で見たらたぶん怒ったと思う。しかしDVD(しかもレンタル)で「なんでそこで終わり!?」とか「雄飛の出番それだけかい!」とか騒ぎながら観るには最適ではないかと。恋の門に近いものを感じる。
とりあえずオサレで鈴木京香がエロイほどに美しい。

エンディングテーマがワタナベイビーと竹中直人による「今夜はブギーバック」で、学生時代を思い出して甘酸っぱかったり全部歌える自分にびっくりしたり。
大森南朋の役は好みすぎる。
posted by あや at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 色々 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

016:吹(本田あや)

これからも君に注がれるコーヒーは適温であれ カフェモカを吹く

「吹く」ってどちらかというと「ふーふー」ってする方じゃなくて「ぶはっ」もしくは「ぶほっ」ってイメージの方が(失敗)
お茶を飲みながらネットサーフィン(面白YouTube漁り)が趣味なのです。
おかげでキーボードの掃除は得意なのです。
posted by あや at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

015:一緒(本田あや)

一緒なら気づかぬままだ 神様を信じてしまう空の遠さも
posted by あや at 16:51| Comment(1) | TrackBack(0) | 題詠100首2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

014:温(本田あや)

体温はベクトルを持つ 君の手はやさしいだけだと判ってしまう
posted by あや at 19:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

013:スポーツ(本田あや)

紫のスポーツカーの猥雑で 君の庭走り抜ける気分だ

難しいよスポーツ…!

紫のスポーツカーの人には伏してお詫びしたい。
そして河村隆一氏にも(なんとなく)
posted by あや at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月07日

012:赤(本田あや)

この傷は一番上のひきだしにしまう 真っ赤なリボンをかけて
posted by あや at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月06日

011:すきま(本田あや)

結局のところ暮らしていくのだろう 君の不在が生むすきまごと

アポトーシス (apoptosis) とは、多細胞生物の体を構成する細胞の死に方の一種で、個体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる、管理・調節された細胞の自殺のこと。[Wikipediaより引用]

戸田誠二の同名の漫画に涙腺をがっちり掴まれている。
http://www2.odn.ne.jp/~cbh42840/index.html
その漫画へのオマージュだったはずが、着地点はずいぶん遠いところに。

他に涙腺を鷲掴みされているものといえば、ラーメンズのコントだったりする。
「器用で不器用な男と不器用で器用な男」なんて見せられた日にはあなた。
posted by あや at 22:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 題詠100首2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

010:握(本田あや)

つよく握りしめれば泣くし弱ければ責めるのだろう 夕焼けを待つ
posted by あや at 17:03| Comment(1) | TrackBack(1) | 題詠100首2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

009:週末(本田あや)

週末が全てですかと見上げればくつくつ笑う今週の喉

サザエさん症候群というのがあるらしい。
サザエさんを見ない私は、どうぶつ奇想天外で憂鬱になる。嗚呼千石先生。
posted by あや at 11:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月05日

008:種(本田あや)

僕萌ゆる地に降る雨は甘いだろう ガラスシャーレに種子が見る夢

双子葉植物、単子葉植物。
師管、導管、維管束。
雀100まで踊り忘れずとはよくいったものだ。
posted by あや at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

007:スプーン(本田あや)再投稿

ラスカルとジョリィとスプーンおばさんで育つ凡庸さこそいとしむ

これがるろ剣でエヴァで稲中卓球部だとだいぶ違うと思うのです。
私はハウス名作劇場とビックリマン・シルバニアファミリー世代ですが。
posted by あや at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

006:使(本田あや)

使用済みゴム翳す電灯 詰められる未来は残り何回だろう

日本の年間コンドーム消費量は5億8000万個。
すべてがすべてその目的に使われない(水風船とかね)としても恐ろしい数だ。
以上「リラックマコンドームが初年度販売見込1億円て、そんなにコンドームは売れるのかい」調査結果。
朝からこんな話題を振ってくるのはセクハラ扱いしていいですか先輩。
posted by あや at 11:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 題詠100首2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

005:しあわせ(本田あや)

しあわせにしたがるしたにしたがえばしゅわしゅわあがってくる しあわせ
posted by あや at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

004:限(本田あや)

宇宙にも限りはあると説く君の小指に誓ってもらう永遠

古代ギリシャ人は「もし宇宙空間が有限であるとすれば、その端から外に手を出したら、その手はどうなるのか」と悩んだらしい。
親近感。
隅っこが落ち着く私としては、宇宙のどん詰まりにうずくまってみたい。
posted by あや at 20:44| Comment(1) | TrackBack(1) | 題詠100首2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

003:屋根(本田あや)

あの屋根の向こうの川の向こうがわ 白くひかった君のふるさと
posted by あや at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

002:晴(本田あや)

前髪ももう伸びたんだ 君のいない東京の空は時々晴れる
posted by あや at 19:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 題詠100首2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

001:始(本田あや)

始まりを言い出せなくて 本棚の端からあらすじ教わる夜更け

ジョジョを読んだことがなくても、それぞれのスタンドくらいは説明できるのです。
ガンダムを観ない世代でも「赤は3倍速い」のが常識であるように。
posted by あや at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 題詠100首2007 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。